比較でわかる!ahamo(アハモ)のメリット・デメリット徹底解説

スポンサーリンク
ahamo(アハモ)「20GB/月で月額2,970円、5分かけ放題コミ」01 ahamo(アハモ)
本ページ記載のサービス提供価格は特記がない限り消費税込みの価格です

2021年3月、ついにNTTドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」がサービス開始しました。

ドコモ品質で「20GB/月で月額2,970円」という、今までのドコモからは考えられないコスパの高い新プランです。

KDDI(au)やソフトバンクも「povo」「LINEMO(ラインモ)」でahamo(アハモ)を追随、似たようなプランですが少し特徴があり、ahamo(アハモ)との微妙な比較ポイントがあります。

また、KDDI(au)やソフトバンクは「povo」「LINEMO(ラインモ)」を出す前からサブブランドとして「UQモバイル」「ワイモバイル」ブランドの格安スマホプランを提供しており、これらのプランもahamo(アハモ)と比較・検討すべきコスパの高いプランになっています。

この記事ではahamo(アハモ)を中心に、対抗プラン「povo」「LINEMO(ラインモ)」の特徴を比較、さらに従来プラン「UQモバイル」「ワイモバイル」までも特徴を比較して、ahamo(アハモ)のメリット・デメリットをまとめていきます。

5分カケホ付きで月額2,970円(税込)
容量たっぷり20GB/月、海外でも使える
20GB/月で月額2,970円

  1. ahamo(アハモ)の特徴・料金プラン
  2. ahamo(アハモ)のデメリット
    1. デメリット① 店舗・電話でのサポートがない
    2. デメリット② キャリアメールが使えない
    3. デメリット③ 留守番電話が使えない
    4. デメリット④ 「ドコモ光セット割」が適用されない
    5. デメリット⑤ 3G回線(FOMA)は使えない
    6. デメリット⑥ 余ったギガの翌月繰り越しができない
  3. ahamo(アハモ)のメリット
    1. メリット① 5分かけ放題コミで月額2,970円と激安
    2. メリット② ドコモと同じ通信品質で高速通信
    3. メリット③ 海外82の国・地域でも使える
    4. メリット④ 5G通信も使える
    5. メリット⑤ 20GB/月を使い切っても高速1Mbps使い放題
    6. メリット⑥ ファミリー割引の契約回線数にカウント
    7. メリット⑦ ドコモの長期契約期間がリセットされない
    8. メリット⑧ ahamo(アハモ)と一緒にスマホも買える
    9. メリット⑧ dカードGOLDで10%還元と5GB/月の増量
  4. ahamo(アハモ)をKDDI「povo」ソフトバンク「LINEMO」と比較
    1. ahamo(アハモ)とKDDI「povo」の比較
    2. ahamo(アハモ)とソフトバンク「LINEMO(ラインモ)」の比較
    3. 比較① ahamo(アハモ)なら海外でも使える
    4. 比較② ahamo(アハモ)なら店舗サポートが利用できる
    5. 比較③ ahamo(アハモ)ならスマホが買える・機種変更できる
    6. 比較④ ahamo(アハモ)なら家族割引の契約回線数にカウントされる
    7. 比較⑤ ahamo(アハモ)なら家族間通話無料
    8. 比較⑥ ahamo(アハモ)なら継続契約期間がリセットされない
    9. 比較⑦ LINEMOなら小容量3GB/月プランも選べる
    10. 比較⑧ 5分かけ放題不要ならpovoとLINEMOはちょっと安くなる
    11. 比較⑨ povoなら「24時間データ使い放題(220円/日)」が使える
    12. 比較⑩ LINEMO(ラインモ)ならLINEアプリ使い放題
  5. ahamo(アハモ)をKDDI「UQモバイル」ソフトバンク「ワイモバイル」と比較
    1. ahamo(アハモ)とKDDI「UQモバイル」の比較
    2. ahamo(アハモ)とソフトバンク「ワイモバイル」の比較
    3. 比較① ahamo(アハモ)なら海外でもそのまま使える
    4. 比較② ahamo(アハモ)はプランが選べない
    5. 比較③ ahamo(アハモ)は余ったギガが無駄になる
    6. 比較④ ahamo(アハモ)は5分かけ放題不要ならちょっと高い
    7. 比較⑤ UQモバイルなら低速通信の使い勝手がよく、ギガ節約できる
    8. 比較⑦ 複数回線契約ならワイモバイルは安くなる
    9. 比較⑥ ソフトバンク光とセットならワイモバイルは圧倒的に安くなる
  6. 比較でわかった!ahamo(アハモ)のおすすめポイント
    1. 中容量(~20GB/月)でドコモから乗換ならahamo(アハモ)最高
    2. 新規で一人で契約ならUQモバイルが安くて便利
    3. 家族で複数回線契約するならワイモバイルがどんどん安くなる

ahamo(アハモ)の特徴・料金プラン

ドコモ新料金プラン「ahamo(アハモ)」
月額料金2,970円/月
※税抜きで2,700円/月
※別途、機種代金等が必要
データ通信基本データ容量20GB/月
※超過後は1Mbpsで通信可能
利用可能エリア日本国内:4Gエリア/5Gエリア
海外:海外82の国・地域での利用もコミ
※国内・海外合わせて20GB/月まで
※海外利用は継続15日で速度制限
テザリング利用可能(無料)
追加チャージ550円/1GBで追加チャージ可能
音声通話標準5分かけ放題標準
※5分超過後は22円/30秒
※SMS/他社接続サービス(0570など)は含まず
オプション国内完全かけ放題(1,100円/月)
メール
サービス
提供なし(使えない)
留守番電話
サービス
提供なし(使えない)
金融サービス
  • 料金支払いでdポイントが貯まる・使える
  • 「d払い」利用可能
割引サービス
  • 「みんなドコモ割」対象外
    ⇒ ファミリー割引グループの対象回線数にはカウントされる
    ⇒ ただし、割引はなし
  • 「ドコモ光セット割」
    ⇒ 割引対象外
  • 「dカードお払い割」
    ⇒ 割引対象外
    ⇒ ただし、ギガ増量とdポイント還元
  • 「ファミリー割引(家族間通話無料)」
    ⇒ 家族からahamoへは無料通話
    ⇒ ahamoから家族へは「5分無料通話」を利用
契約
手数料
eSIM対応対応予定
手数料
  • 事務手数料(初期費用)なし
  • 契約解除料なし
  • MNP転出手数料なし

ahamo(アハモ)のデメリット

デメリット① 店舗・電話でのサポートがない

ahamo(アハモ)は「オンライン専用プラン」なので、すべての手続きやサポートはネット上で行われます。

店舗や電話でのサポートを受けることはできません。

ただし「1件3,300円で店舗サポート」を受けられる

ただし、「1件3,300円の手数料」を支払うことでドコモショップで契約・各種手続きなどのサポートを受けることができます。

「手数料を払うと店舗で手続してくれる」ではなく「手数料を支払うと店員さんがとなりで操作を教えてくれる」「自分でスマホやPCを操作して手続きを行う」という「サポート」です。

「ahamo WEBお申込みサポート」「ahamo WEBお手続きサポート」の開始および故障受付チャネルの拡大について | NTTドコモ

※正直、このサービスを利用する方はUQモバイルなど店舗・電話サポートを提供しているプランを選ぶべきでしょう。

デメリット② キャリアメールが使えない

ahamo(アハモ)では従来のキャリアメール「@docomo.ne.jp」が提供されません。

現在ドコモをご利用の方がahamo(アハモ)へ乗り換えると現在ご利用のメールアドレスは解約となります。

デメリット③ 留守番電話が使えない

ahamo(アハモ)では留守番電話サービスを提供していません。

もし仕事などのご利用で留守番電話サービスが必要であればワイモバイルやUQモバイルへ乗り換えたほうが良いでしょう。

デメリット④ 「ドコモ光セット割」が適用されない

ahamo(アハモ)ではドコモ光とのセット割引「ドコモ光セット割」の適用対象外となります。

「ドコモ光セット割」の適用がなければドコモ光はただ高いだけのフレッツ光回線となるので、もし一人でドコモ光をお使いなら他の安い光回線に乗り換えたほうが良いでしょう。

デメリット⑤ 3G回線(FOMA)は使えない

ahamo(アハモ)は4G/5G通信サービスを提供していますが、3G通信サービス(FOMA)は利用することができません。

現在でも山奥や海上などでは3G通信エリアが主体のところも多く、これらの場所によく行く人はahamo(アハモ)に乗り換えると使い勝手が悪くなります。

デメリット⑥ 余ったギガの翌月繰り越しができない

ahamo(アハモ)では毎月の余ったギガは月末で消滅してしまい、翌月繰り越しができません。

毎月のデータ容量20GBで大きく余ってしまう人はUQモバイルやワイモバイルなどの「翌月繰り越しに対応」したプランに乗り換えるべきでしょう。

ahamo(アハモ)のメリット

メリット① 5分かけ放題コミで月額2,970円と激安

ahamo(アハモ)は5分かけ放題と20GB/月のデータ通信がついて月額2,970円です。

今までのドコモからは考えられないほどコスパの高いプランです。

また対抗馬であるau「povo」やソフトバンク「LINEMO(ラインモ)」と比べると「5分かけ放題が必須」という価格デメリットがある反面、かけ放題をつけるとpovoやLINEMOより安くなる、という価格メリットがあります。

つまり、実質的な基本料金はpovoやLINEMOよりも安い、ということです。

メリット② ドコモと同じ通信品質で高速通信

ahamo(アハモ)はドコモの料金プランとは思えないほど安いプランとして提供されています。

しかし、通信品質はドコモと同じであり、いわゆるドコモ系格安SIMのようなお昼・夜間の通信速度の低下はありません。

メリット③ 海外82の国・地域でも使える

ahamo(アハモ)は別途追加料金なしでも「20GB/月で月額2,970円」の範囲内で海外82の国・地域でのデータ通信が利用できます。

ただし、一回の渡航で15日を超過すると通信速度が制限されます。

短い海外渡航が多い人にはahamo(アハモ)は便利なサービスと言えます。

メリット④ 5G通信も使える

ahamo(アハモ)はドコモの高速5G通信を利用できます。

※別途5G対応スマホが必要です。

メリット⑤ 20GB/月を使い切っても高速1Mbps使い放題

ahamo(アハモ)は毎月のギガ「20GB/月」を使い切ってしまっても低速通信1Mbpsが使い放題です。

通信速度1Mbpsというと標準画質の動画も見れる程度の通信速度、それが使い放題となるので、かなり使い勝手の良い通信サービスです。

メリット⑥ ファミリー割引の契約回線数にカウント

ahamo(アハモ)はファミリー割引の対象となりませんが、契約回線数にはカウントされます。

家族みんなでドコモの家庭でひとりだけahamo(アハモ)へ乗り換えても、契約回線数は変わらないので残された家族の割引額が減額されることがありません。

※povoやLINEMO(ラインモ)では契約回線数にカウントされないため、残された家族の割引額が減額となる場合があります。

メリット⑦ ドコモの長期契約期間がリセットされない

永くドコモを使ってきた人がahamo(アハモ)に乗り換えてもドコモの継続利用期間はそのままahamo(アハモ)でも引き継げます。

ドコモを長期利用しても良いことはないので継続利用年数に意味はないのですが、昔から長く使っている人には気になる点のようです。

※au(povo)やソフトバンク(LINEMO)では継続利用年数はリセットされます。

メリット⑧ ahamo(アハモ)と一緒にスマホも買える

ahamo(アハモ)では契約時にスマホセットでの契約や契約後に機種変更(スマホの購入)することができます。

当たり前のようですが、au(povo)やソフトバンク(LINEMO)ではスマホの販売を行っていません。

ただし、ahamo(アハモ)が取り扱っているスマホはドコモが取り扱っているスマホの中の一部となり、あまり選択肢がありません。

メリット⑧ dカードGOLDで10%還元と5GB/月の増量

ahamo(アハモ)の毎月の支払をdカードGOLDで支払うと、毎月支払額の10%がdポイント還元され、また毎月5GBが増量されます。

ドコモからahamo(アハモ)への乗換でも支払い方法がdカードGOLDの場合には結構なポイントメリットがあります。

ahamo(アハモ)をKDDI「povo」ソフトバンク「LINEMO」と比較

ahamo(アハモ)とKDDI「povo」の比較

NTTドコモの「ahamo(アハモ)」に対抗してKDDI(au)が出してきた格安スマホプランが「povo」です。

povoはahamo(アハモ)と似たり寄ったりのプランですが、「かけ放題を別途オプション」にしたことで基本料金が少し安くなっているのと「24時間データ使い放題(220円/日)」のトッピングが魅力のプランです。

両者を比較してみましょう。

ahamo(アハモ)比較項目povo
2,970円/月
※20GB/月
月額料金2,728円/月
※20GB/月
音声通話サービス
22円/30秒標準通話料金22円/30秒
5分かけ放題無料通話別途オプション
完全かけ放題
・1,100円/月
無料通話
オプション
5分かけ放題
・550円/月
完全かけ放題
・1,100円/月
データ通信サービス
4G/5G通信通信サービス4G/5G通信
20GB/月基本データ容量20GB/月
1Mbps超過時速度
(低速通信)
1Mbps
不可高速・低速
速度切替
不可
不可余ったギガの
翌月繰越
不可
なしカウントフリー
対象サービス
なし
追加チャージ
・550円/1GB
追加チャージ24時間使い放題
・220円/1日
追加チャージ
・550円/1GB
利用可
※82の国・地域
※20GB/月に含む
海外利用不可
割引サービス
対象外
※契約回線数カウント
家族割引対象外
対象外光回線
セット割引
対象外
家族→ahamo
・無料通話
ahamo→家族
・対象外
家族間無料通話対象外
サポート・手続き
オンライン専用プランサポート体制オンライン専用プラン
別途有料で利用可
・3,300円/件
店舗サポートなし
なし電話サポートなし
契約
最低利用期間なし
解約違約金なし
契約期間最低利用期間なし
解約違約金なし
なし初期費用なし
なしMNP転出手数料なし
契約期間保持継続利用期間
(乗り換え時)
契約期間リセット

ahamo(アハモ)とソフトバンク「LINEMO(ラインモ)」の比較

NTTドコモの「ahamo(アハモ)」に対抗してソフトバンクが出してきた格安スマホプランが「LINEMO(ラインモ)」です。

LINEMO(ラインモ)はahamo(アハモ)と似たり寄ったりのプランで「LINEデータフリー」くらいの特徴なのですが、2021年7月に「3GB/月で月額990円」の「LINEMOミニプラン」を出してきたことで、少量量ユーザーにとって魅力的なプランとなりました。

両者を比較してみましょう。

ahamo(アハモ)比較項目LINEMO(ラインモ)
2,970円/月
※20GB/月
月額料金2,728円/月(スマホプラン)
※20GB/月
990円/月(ミニプラン)
※3GB/月
音声通話サービス
22円/30秒標準通話料金22円/30秒
5分かけ放題無料通話別途オプション
完全かけ放題
・1,100円/月
無料通話
オプション
5分かけ放題
・550円/月
完全かけ放題
・1,100円/月
データ通信サービス
4G/5G通信通信サービス4G/5G通信
20GB/月基本データ容量スマホプラン:20GB/月
ミニプラン:3GB/月
1Mbps超過時速度
(低速通信)
1Mbps
不可高速・低速
速度切替
不可
不可余ったギガの
翌月繰越
不可
なしカウントフリー
対象サービス
LINEカウントフリー
追加チャージ
・550円/1GB
追加チャージ追加チャージ
・550円/1GB
利用可
※82の国・地域
※20GB/月に含む
海外利用不可
割引サービス
対象外
※契約回線数カウント
家族割引対象外
対象外光回線
セット割引
対象外
家族→ahamo
・無料通話
ahamo→家族
・対象外
家族間無料通話対象外
サポート・手続き
オンライン専用プランサポート体制オンライン専用プラン
別途有料で利用可
・3,300円/件
店舗サポートなし
なし電話サポートなし
契約
最低利用期間なし
解約違約金なし
契約期間最低利用期間なし
解約違約金なし
なし初期費用なし
なしMNP転出手数料なし
契約期間保持継続利用期間
(乗り換え時)
契約期間リセット

比較① ahamo(アハモ)なら海外でも使える

ahamo(アハモ)は「20GB/月で2,970円/月」のプランの範囲内(20GB/月)で「海外82の国・地域でもデータ通信ができる」という特徴があります。

海外データ通信 | ahamo

つまり、ahamo(アハモ)は「国内・海外でのデータ通信合わせて20GB/月で月額2,970円」というプランになります。

注意点として、一回の渡航で15日を超えると高速通信ギガが残っていても速度制限される、という点になります。

LINEMO(ラインモ)は「海外パケットし放題(~2,980円/日)」が使える

一方、povoやLINEMO(ラインモ)でのデータ通信は国内専用となります。

LINEMO(ラインモ)はソフトバンクが提供する「海外パケットし放題」が利用できますが、別途データ使用料金(最大2,980円/日)が必要です。
※ソフトバンクが提供する「アメリカ放題」は対象外です。

povoは海外データ通信は使えない

povoは海外でのデータ通信が利用できません。

ahano(アハモ)なら海外でもそのまま使える
ahamo「20GB/月で月額2,970円」の範囲で海外82の国・地域でデータ通信可能
※ただし一回の渡航で15日まで
povo海外ローミングサービス利用不可
LINEMO「海外パケットし放題(~2,980円/日)」利用可能
※「アメリカ放題」利用不可

比較② ahamo(アハモ)なら店舗サポートが利用できる

ahamo(アハモ)・povo・LINEMO(ラインモ)はすべて「オンライン専用プラン」とされており、基本的にネットでの手続き・サポートとなります。

全国の店舗でのサポートや電話サポートを利用することはできません。

ahamo(アハモ)なら3,300円/件で店舗サポートを受けられる

ahamo(アハモ)は例外的に「別途3,300円のサポート費用にて、手続きをサポートする」というサービスを提供しています。

ただし、基本は「お客様が自分でスマホ・PCを操作する」「店員がそれをサポートする」という内容になります(あくまでもオンライン手続きのサポート)。

「契約の手続きサポート」で3,300円、「契約後の手続きサポート」で3,300円、とかなり割高になりますが、「どうしてもわからない」「教えてくれる人もいない」という場合には利用すると良いでしょう。

ahamoオンライン専用プラン
※別途3,300円/件で契約サポート・手続きサポート(店舗)
※電話サポート利用不可
povoオンライン専用プラン
※店舗・電話サポート利用不可
LINEMOオンライン専用プラン
※店舗・電話サポート利用不可

比較③ ahamo(アハモ)ならスマホが買える・機種変更できる

povo・LINEMO(ラインモ)では契約時のスマホセット購入や契約後の機種変更ができません(スマホ販売していない)。

ahamo(アハモ)なら契約時にスマホセット購入もできるし契約後に最新機種に機種変更することもできます。

ただし、ahamo(アハモ)で取り扱われるスマホは非常に少なく、あまり選択肢がありません。

ahamoスマホ販売あり
povoスマホ販売なし
LINEMOスマホ販売なし

比較④ ahamo(アハモ)なら家族割引の契約回線数にカウントされる

「家族みんなでauスマホ」の契約から自分ひとりがpovoに乗り換えた場合、家族割引の適用対象外となります。

この場合、家族の契約回線数からものぞかれてしまうため、残った家族の割引額が下がるかもしれません。

つまり「povoは家族割引対象外、契約回線数にもカウントされない」という仕様です。

これはソフトバンク「LINEMO(ラインモ)」でも同じです。

ahamo(アハモ)なら割引は適用されないけど回線数にはカウントされる

ahamo(アハモ)なら家族割引は適用されなくなりますが、契約回線数としてはカウントされるため、残った家族のドコモ回線の割引額が下がることがありません。

ahamo家族割引対象外
※契約回線数にはカウント
povo家族割引対象外
LINEMO家族割引対象外

比較⑤ ahamo(アハモ)なら家族間通話無料

「家族みんなでau」の場合、家族間の音声通話は無料通話となりますが、ひとりが「povo」に乗り換えた場合にはpovoは家族間無料通話の対象から外れてしまいます。

これはソフトバンク「LINEMO(ラインモ)」でも同じです。

ahamo(アハモ)ならドコモからahamo(アハモ)は無料通話対象

ahamo(アハモ)なら、家族のドコモ回線(ギガプラン)からahamo(アハモ)への発信は家族間無料通話の対象となります。

ahamo(アハモ)から家族のドコモ回線(ギガプラン)への発信は家族間無料通話の対象となりませんが、ahamo(アハモ)には「5分かけ放題」が標準装備なのでそれで対応できます。

ahamo家族→ahamoは無料通話対象
ahamo→家族は5分かけ放題を利用
povo家族間無料通話の対象外
LINEMO家族間無料通話の対象外

比較⑥ ahamo(アハモ)なら継続契約期間がリセットされない

現在は同じキャリアをずっと使っていても全くメリットがないのですが・・・・

長年auやソフトバンクと長期契約してきた人がpovo・LINEMO(ラインモ)に乗り換えると契約上の契約期間がリセットされます。

ahamo(アハモ)なら利用期間は継続される

ahamo(アハモ)ならドコモをご利用の人が乗り換えても今までの契約期間は保持されたまま乗り換えることができます。

ahamoドコモ契約期間は保持
povoau契約期間はリセット
LINEMOソフトバンク契約期間はリセット

比較⑦ LINEMOなら小容量3GB/月プランも選べる

ahamo(アハモ)もpovoも「20GB/月」のプランしか選べません。

LINEMO(ラインモ)なら「3GB/月で月額990円」という少量両プランの「LINEMOミニプラン」を選ぶこともできます。

ahamo料金プランは「20GB/月」のみ
povo料金プランは「20GB/月」のみ
LINEMO「スマホプラン(20GB/月)」と「ミニプラン(3GB/月)」が選べる

比較⑧ 5分かけ放題不要ならpovoとLINEMOはちょっと安くなる

ahamo(アハモ)は標準で「5分かけ放題」がセットですが、povoやLINEMO(ラインモ)はかけ放題はすべて別途オプションとなります。

このため、「5分かけ放題不要」であればahamo(アハモ)はちょっとだけpovoやLINEMO(ラインモ)よりも高い料金となります。

一方で、「5分かけ放題」「国内かけ放題」が必要であれば、povoやLINEMO(ラインモ)より安くなります。

ahamo5分かけ放題コミで月額2,970円
国内かけ放題で月額4,070円
povoかけ放題なしで月額2,728円
5分かけ放題コミで月額3,278円
国内かけ放題で月額4,378円
LINEMOスマホプラン
(20GB/月)
かけ放題なしで月額2,728円
5分かけ放題コミで月額3,278円
国内かけ放題で月額4,378円
ミニプラン
(3GB/月)
かけ放題なしで月額990円
5分かけ放題コミで月額1,540円
国内かけ放題で月額2,640円

比較⑨ povoなら「24時間データ使い放題(220円/日)」が使える

povoの面白いデータ通信オプションに「データ使い放題24時間」という220円のオプションがあります。

220円を払うことで、支払いから24時間のデータ通信が使い放題になります。

もちろん、毎月の基本データ容量が残っていてもそれを消費することはありません。

「週末にまとめて動画を見まくる」「今日はWindowsアップデートをかける」など、大容量通信を予定している日ごとに220円で使い放題ができるのが魅力です。

ahamo1GB/550円で追加チャージ
povo1GB/550円で追加チャージ
24時間/220円で24時間データ使い放題
LINEMOスマホプラン
(20GB/月)
1GB/550円で追加チャージ
LINEギガフリー
ミニプラン
(3GB/月)

比較⑩ LINEMO(ラインモ)ならLINEアプリ使い放題

LINEMO(ラインモ)ならLINEアプリで使用するデータ通信がカウントされません(カウントフリー)。

LINEアプリをどれだけ使っても(通信しても)、月間の基本データ容量を消費しません。

LINEアプリのヘビーユーザーならLINEMO(ラインモ)はお得になります。

LINEアプリはあまりデータ通信量を使わない

ただし、LINEアプリで使うデータ量はあまり多くありません。

LINEモバイルが公開しているLINEアプリのデータ通信量は以下の通りです。

LINEアプリサービスデータ通信量
LINE通話1時間あたり18MB
20GBなら1,100時間
※45日間しゃべりっぱなし
3GBなら166時間
LINEビデオ通話1時間あたり307MB
20GBなら65時間
3GBなら10時間

このようにLINEアプリはデータ通信量があまり多くないので「LINEカウントフリー」によるメリットはあまり大きくないと言えます。

ahamo(アハモ)をKDDI「UQモバイル」ソフトバンク「ワイモバイル」と比較

ahamo(アハモ)とKDDI「UQモバイル」の比較

ahamo(アハモ)比較項目UQモバイル
くりこしプラン
2,970円/月
※20GB/月
月額料金プラン(S):1,628円/月(3GB/月)
プラン(M):2,728円/月(15GB/月)
プラン(L):3,828円/月(25GB/月)
音声通話サービス
22円/30秒標準通話料金22円/30秒
5分かけ放題無料通話別途オプション
完全かけ放題
・1,100円/月
無料通話
オプション
10分かけ放題
・770円/月
完全かけ放題
・1,870円/月
通話パック
・550円/月
データ通信サービス
4G/5G通信通信サービス4G/5G通信
20GB/月基本データ容量プラン(S):3GB/月
プラン(M):15GB/月
プラン(L):25GB/月
1Mbps超過時速度
(低速通信)
1Mbps
不可高速・低速
速度切替
アプリで切替可
不可余ったギガの
翌月繰越
可能
なしカウントフリー
対象サービス
なし
追加チャージ
・550円/1GB
追加チャージ追加チャージ
・550円/1GB
利用可
※82の国・地域
※20GB/月に含む
海外利用不可
割引サービス
対象外
※契約回線数カウント
家族割引対象外
対象外光回線
セット割引
対象外
家族→ahamo
・無料通話
ahamo→家族
・対象外
家族間無料通話対象外
サポート・手続き
オンライン専用プランサポート体制オンラインサポート
店舗サポート
電話サポート
別途有料で利用可
・3,300円/件
店舗サポート利用可能
なし電話サポート利用可能
※フリーダイアル
契約
最低利用期間なし
解約違約金なし
契約期間最低利用期間なし
解約違約金なし
なし初期費用3,300円
※au内乗換なら無料
なしMNP転出手数料なし
契約期間保持継続利用期間
(乗り換え時)
リセット

ahamo(アハモ)とソフトバンク「ワイモバイル」の比較

ahamo(アハモ)比較項目ワイモバイル
シンプル
2,970円/月
※20GB/月
月額料金プラン(S):2,178円/月(3GB/月)
プラン(M):3,278円/月(15GB/月)
プラン(L):4,158円/月(25GB/月)
音声通話サービス
22円/30秒標準通話料金22円/30秒
5分かけ放題無料通話別途オプション
完全かけ放題
・1,100円/月
無料通話
オプション
10分かけ放題
・770円/月
完全かけ放題
・1,870円/月
データ通信サービス
4G/5G通信通信サービス4G/5G通信
20GB/月基本データ容量プラン(S):3GB/月
プラン(M):15GB/月
プラン(L):25GB/月
1Mbps超過時速度
(低速通信)
1Mbps
不可高速・低速
速度切替
不可
不可余ったギガの
翌月繰越
可能
なしカウントフリー
対象サービス
なし
追加チャージ
・550円/1GB
追加チャージ追加チャージ
・550円/1GB
利用可
※82の国・地域
※20GB/月に含む
海外利用不可
割引サービス
対象外
※契約回線数カウント
家族割引「家族割引」適用
※2回線目から1,100円/月割引
対象外光回線
セット割引
「おうち割」適用
※1回線目から1,100円/月割引
家族→ahamo
・無料通話
ahamo→家族
・対象外
家族間無料通話対象外
サポート・手続き
オンライン専用プランサポート体制オンラインサポート
店舗サポート
電話サポート
別途有料で利用可
・3,300円/件
店舗サポート利用可能
なし電話サポート利用可能
※ナビダイアル
契約
最低利用期間なし
解約違約金なし
契約期間最低利用期間なし
解約違約金なし
なし初期費用3,300円

※ネット契約なら無料
※ソフトバンク内乗換なら無料

なしMNP転出手数料なし
契約期間保持継続利用期間
(乗り換え時)
リセット

比較① ahamo(アハモ)なら海外でもそのまま使える

ahamo(アハモ)は「20GB/月で2,970円/月」のプランの範囲内(20GB/月)で「海外82の国・地域でもデータ通信ができる」という特徴があります。

海外データ通信 | ahamo

つまり、ahamo(アハモ)は「国内・海外でのデータ通信合わせて20GB/月で月額2,970円」というプランになります。

注意点として、一回の渡航で15日を超えると高速通信ギガが残っていても速度制限される、という点になります。

ワイモバイルは「海外パケットし放題(~2,980円/日)」が使える

一方、UQモバイルやワイモバイルでのデータ通信は国内専用となります。

ワイモバイルはソフトバンクが提供する「海外パケットし放題」が利用できますが、別途データ使用料金(最大2,980円/日)が必要です。
※ソフトバンクが提供する「アメリカ放題」は対象外です。

UQモバイルは海外データ通信は使えない

UQモバイルは海外でのデータ通信が利用できません。

ahano(アハモ)なら海外でもそのまま使える
ahamo「20GB/月で月額2,970円」の範囲で海外82の国・地域でデータ通信可能
※ただし一回の渡航で15日まで
UQモバイル海外ローミングサービス利用不可
ワイモバイル「海外パケットし放題(~2,980円/日)」利用可能
※「アメリカ放題」利用不可

比較② ahamo(アハモ)はプランが選べない

ahamo「20GB/月で月額2,970円」
UQモバイル
くりこしプラン
プランS

3GB/月で月額1,628円
プランM

15GB/月で月額2,728円
プランL

25GB/月で月額3,828円
ワイモバイル
シンプル
プランS

3GB/月で月額2,178円
プランM

15GB/月で月額3,278円
プランL

25GB/月で月額4,158円

比較③ ahamo(アハモ)は余ったギガが無駄になる

UQモバイル「くりこしプラン」もワイモバイル「シンプル」も、余ったギガの翌月繰り越しに対応し、無駄なく使うことができます。

ahamo(アハモ)は余ったギガの繰り越しができず、月末で消滅してしまいます。

「余裕をもって20GB/月」程度の利用者は余ったギガを無駄なく繰り越して使えるUQモバイル・ワイモバイルの方がお得になります。

ahamo余ったギガは月末に消滅
UQモバイル余ったギガは翌月末まで繰り越し
ワイモバイル余ったギガは翌月末まで繰り越し
※2021/8より

比較④ ahamo(アハモ)は5分かけ放題不要ならちょっと高い

UQモバイル「くりこしプラン」もワイモバイル「シンプル」もかけ放題は別途オプションですが、ahamo(アハモ)は標準で5分かけ放題がコミでその分少し月額料金が高くなっています。

もしかけ放題が不要であれば、ahamo(アハモ)はちょっと無駄な料金を支払っていることになります。

比較⑤ UQモバイルなら低速通信の使い勝手がよく、ギガ節約できる

ahamo(アハモ)もワイモバイルも、ギガを使い切っても「低速通信1Mbps」とかなり快適な低速通信が使い放題です。

これはUQモバイルも同じなのですが、UQモバイルはさらに「アプリでいつでも高速・低速通信を切り替えられる」という特徴があります。

通常の待ち受けでは1Mbpsもあれば十分なので、「待ち受け時は低速(1Mbps)」「動画を見るときだけ高速」とアプリでひと手間かけることで、UQモバイルならギガを大幅に節約することができます。

ahamo高速ギガを使い切ったら低速通信(1Mbps)使い放題
UQモバイル高速ギガを使い切ったら低速通信(1Mbps)使い放題
※アプリでいつでも高速・低速切替可能
ワイモバイル高速ギガを使い切ったら低速通信(1Mbps)使い放題

比較⑦ 複数回線契約ならワイモバイルは安くなる

ahamo(アハモ)もUQモバイルも複数回線契約時の割引がありません。

ワイモバイルは複数回線契約に対して「家族割引」が適用され、2回線目以降について月額1,188円もの割引が受けられます。

もし家族でワイモバイルを契約すると、月額料金(割引後)は以下のようになります。

契約回線数ワイモバイル
シンプル(M)
ahamo(アハモ)UQモバイル
くりこしプラン(M)
1回線契約3,278円/月2,970円/月2,728円/月
2回線契約5,368円/月5,940円/月5,456円/月
3回線契約7,458円/月8,910円/月8,184円/月
4回線契約9,548円/月11,880円/月10,912円/月

比較⑥ ソフトバンク光とセットならワイモバイルは圧倒的に安くなる

ahamo(アハモ)もUQモバイルも光回線とのセット割引がありません。

ワイモバイルはソフトバンク光・ソフトバンクエアーとのセット割引「おうち割光セット」が適用され、月額1,188円もの割引が受けられます。

もしソフトバンク光・ソフトバンクエアーとのセット利用の場合、月額料金(割引後)は以下のようになります。

契約回線数ワイモバイル
シンプル(M)
ahamo(アハモ)UQモバイル
くりこしプラン(M)
1回線契約2,090円/月2,970円/月2,728円/月
2回線契約4,180円/月5,940円/月5,456円/月
3回線契約6,270円/月8,910円/月8,184円/月
4回線契約8,360円/月11,880円/月10,912円/月

このように、「家族みんなでワイモバイル」「光回線とセット」で利用することでワイモバイルは圧倒的に安くなります。

比較でわかった!ahamo(アハモ)のおすすめポイント

中容量(~20GB/月)でドコモから乗換ならahamo(アハモ)最高

ドコモから乗り換えるべき?

現在ドコモをご利用でahamo(アハモ)へ乗り換えるのはおすすめです。

ドコモからahamo(アハモ)への乗換は、他社(KDDIやソフトバンク)のそれよりも乗り換え条件が良いです。
※「家族割引の契約回線数にカウント」や「dカードGOLDでポイント還元・ギガ増量」など

ひとりでも、家族で使っていても、ドコモからahamo(アハモ)へ乗り換えるのは比較的良い条件で乗り換えることができます。

光回線に注意しよう

ただし、光回線にドコモ光をご利用の場合、ひとりでドコモからahamo(アハモ)へ乗り換えるなら光回線ももっと安いものに乗り換えましょう。

新規で一人で契約ならUQモバイルが安くて便利

ドコモ・au・ソフトバンクへのこだわりがなく、また一人での利用を検討する場合には「UQモバイル」や「ワイモバイル」も検討の対象としてみることをおすすめします。

特に、「一人で使う(単身者)」「スマホアプリでひと手間かけることを惜しまない」という方にはUQモバイルがおすすめです。

auと同じ回線品質でありながら家族割引に相当する金額が標準適用された新プランにより、一人で使っても圧倒的に安いプランになっていまs。

また、低速通信の使い勝手が良いので「通常待ち受けは低速通信」「動画を見るときにアプリで高速通信に切り替える」などひと手間かけることで、ギガを節約できます(安いプランにできる)。

家族で複数回線契約するならワイモバイルがどんどん安くなる

家族みんなで乗り換え検討、さらに光回線もセットで乗り換え検討ならワイモバイルが一番やすくなるでしょう。

家族で「光回線とセットで使う(おうち割適用)」なら、全回線に月額1,188円もの割引が受けられ、圧倒的に安くなります。

5分カケホ付きで月額2,970円(税込)
容量たっぷり20GB/月、海外でも使える
20GB/月で月額2,970円

01 ahamo(アハモ)
スポンサーリンク
スマホ格安プランのランキング
一人で安い!UQモバイル
  • au品質の速度とサービス
  • ひとりでも安い(家族割引標準適用)
くりこしプラン
SML
1,628円/月2,728円/月3,828円/月
3GB/月15GB/月25GB/月
低速通信
300Kbps
使い放題
低速通信
1Mbps
使い放題
アプリで「高速・低速」切替自由自在
「でんきセット割」
638円/月(S/M)割引
858円/月(L)割引
光回線セット・家族利用で最安!ワイモバイル
  • ソフトバンク品質の速度とサービス
  • 家族みんなで2回線めから1,188円割引
  • 光回線セットで1回線めから1,188円割引
シンプル
SML
2,178円/月3,278円/月4,158円/月
3GB/月15GB/月25GB/月
低速通信
300Kbps
使い放題
低速通信
1Mbps
使い放題
「家族割引」
2回線目以降1,188円割引
「おうち割」
1回線目から1,188円割引
最安無料~3,278円!楽天モバイル
  • 0円/月~3,278円/月の4段階従量制プラン
  • 海外でも使える
  • 国内・海外で通話料無料(Rakuten Link)
UN-LIMIT Ⅵ
~1GB/月0円/月
~3GB/月1,078円/月
~20GB/月2,178円/月
20GB/月~3,278円/月
Wi-Fiマニュアル
タイトルとURLをコピーしました