フレッツ光が速くなる「IPv4 over IPv6」の仕組み

スポンサーリンク
91 IPv4 over IPv6

フレッツ光の「IPv4 over IPv6」MAP-eとDS-Liteは何が違う?

フレッツ光回線は利用者増加とデータ通信量増加により、夜間の速度低下が著しくなっています。この速度低下の原因を迂回することでフレッツ光回線本来の快適通信を利用できる仕組みが「IPv4overIPv6(高速通信サービス)」です。現在、日本国内で...
91 IPv4 over IPv6

クロスパスの特徴とMAP-e(v6プラスなど)との違いをメリット・デメリットで全解説

フレッツ光回線においてはもはや高速通信サービス「IPv4overIPv6」は必須のサービスとなりました。現在、日本国内で利用可能な高速通信サービスは6つあります。その中でもっとも新しい高速通信サービスがARTERIANetworksが運営し...
91 IPv4 over IPv6

v6プラスとは?速くなる仕組みとメリット・デメリットを徹底解説

現在のフレッツ光は利用者が増える時間帯(夜間)になると、動画もまともに再生できないほど遅くなります。この問題を解決してくれるのが高速通信サービス「v6プラス」です。「v6プラス」を使えば利用者が増える夜間でも快適な通信ができるようになります...
91 IPv4 over IPv6

transixの「フレッツ 光クロス」対応について(MFEED)

2020年3月26日、Transixを提供するインターネットマルチフィードはフレッツ光クロス向けにTransixを提供することを発表しました。Transixはフレッツ光の夜間の速度低下を迂回して高速通信を可能とするIPv4overIPv6の...
91 IPv4 over IPv6

「フレッツ 光クロス」対応サービスの提供開始について(JPNE)

2020年3月16日、v6プラスを提供するJPNE(日本ネットワークイネイブラー)はフレッツ光クロス向けにv6プラスを提供することを発表しました。v6プラスはフレッツ光の夜間の速度低下を迂回して高速通信を可能とするIPv4overIPv6の...
91 IPv4 over IPv6

TransixサービスにおけるIPv4接続(固定IP)の提供開始について(mfeed)

Transixを提供するインターネットマルチフィード社がTransixサービス向け「IPv4固定IPアドレス」サービスの提供を開始しました。Transix本来のサービスとしてIPv4アドレスの変換(NAT)はVNE側で行う「NATステートフ...
91 IPv4 over IPv6

v6プラス「固定IPサービス」提供開始のお知らせ(JPNE)

v6プラスを提供するJPNE社がv6プラスサービス向け「v6プラス固定IP」サービスの提供を開始しました。v6プラス本来のサービスとしてIPv4アドレスの変換(NAT)はVNE側で行う「NATステートフル」の特徴がありますが、v6プラス固定...
スポンサーリンク